Artist

Photographer

Translator


Sara Giusto

沙羅ジューストー

Artist

Photographer

Translator


Sara Giusto
沙羅ジューストー

1995.08.23 福岡
2018 武蔵野美術大学造形学部造形学科油絵専攻 卒業

8歳から18歳までをカナダにて過ごす。カナダでは幼い頃からの趣味であった絵を描くことを活かし、14歳から始めたフリーランスイラストレーターとして成功する。
高校卒業後は、カナダの家族と離れて母国である日本で一人で生活することを決断する。日本へ帰国後、武蔵野美術大学に入学する。
大学在学中は、絵を描くこと以外にもドローイング、ビデオ作品、写真へ興味を持ち様々な作品を制作した。さらに、武蔵野美術大学のグローバルコミュニケーションクラスの助手を務める。そのことがきっかけとなり、日英の翻訳を始める。また、帰国後に直面した社会問題に心を動かされ、自らの芸術表現という幅を超え、芸術を活かしたコミュニティ活動に目を向けるようになる。東京の代官山で活動するNPO『アーツイニシャティブトウキョウ』で仕事を始めるのをきっかけとし、自らが経験した文化の差と美術の交流を目的とするアーティストレジデンスにへ強い興味を持つようになる。


2018
「宇宙で一番すてきなもの「LOVE」」
武蔵野美術大学卒業制作展示

2016
“You Mean More to Me than the Waves Surrounding the Lone Island of My Soul” 武蔵野美術大学芸術祭展示
“Father” 武蔵野美術大学油絵学科進級制作展示
“Love Love” ムサビる!中学校学内展示

2015
“Hug” 小平アートサイト、壁画
“Mom Cried in the Bath” 蔵野美術大学芸術祭展示






  • ©️STILLLIFE.CO.LTD All Rights Reserved.